個人タクシー事業者になるために

タクシードライバーの経験年数と資金の条件は、必ずクリアしなけれなりません。要件を満たしていれば新規許可の問い合わせができます。

個人タクシーと法人タクシーの仕事を比べて

働いた分だけ収入になる

経理など乗客を運ぶ以外の部分の事務作業も自分で行う代わりに、稼ぎは全て収入にすることができます。ガソリン代などの経費は個人負担になりますが、総じてドライバーの給与は高くなる傾向にあります。売れないときに収入がないリスクも背負うことに注意しましょう。

時間や場所の制約なく働ける

法人タクシーとは異なり、営業所へ車を取りに行くことがありません。出社に使っていた分の時間も稼ぐ時間にあてられます。効率よく働けるうえに、休みたいときにはしっかりと休むことができます。家を出たらすぐに業務を開始することができるのは個人タクシーならではのメリットです。

独立して稼ぐ

タクシーの模型

近年、問題となっているのがタクシードライバーの高齢化です。都市部はまだしも、地方のタクシードライバーの平均年齢は60歳を超えています。しかし、これは見方を変えるとチャンスだと言えます。若いタクシードライバーが積極的に採用されていて、業界全体に活気が生まれています。また、個人タクシーの存在感も増しています。自らが事業主になることで、ガッツリ稼げるチャンスが広がります。車一台あれば独立可能な仕事です。

進む国際化

ドライバー

個人タクシーを営む最大のメリットは、マイペースで仕事が出来ることです。昼専門や夜専門という風に、自らの考えや体調に合わせて勤務をすることが出来ます。当然、定年がないのもメリットです。気を付けたいポイントとしては、言葉遣いや服装ではないでしょうか。日本を訪れる外国人観光客が増えていますし、簡単な英語を喋れるとニーズが増えます。カーナビシステムが充実していることで、地理に疎くても業務に支障が出ることは少ないです。

効率の良い稼ぎ方

ドライバー

タクシードライバー全体に当てはまることですが、基本給は低めに設定されています。しかし歩合給が高く、効率良く走ることが出来ると月収が上がります。稼いでいるドライバーになれば、年収が800万円を超えるケースもあります。個人タクシーも同様で、営業努力をすることで売り上げを伸ばすことが出来ます。接客マナーや運転の技術が高いと、リピーターになってくれます。学歴や経験は問われませんし、短期間で大きく飛躍出来る仕事です。

車のメンテナンス

男性

個人タクシーを営む上で欠かせないのが、車のメンテナンス費用です。車検やガソリン代、更には車内のクリーニング費用です。常にお客様に快適に乗車してもらうには、清潔感を持っておくことが大切です。売り上げアップの秘訣です。

広告募集中